肉体的にも精神的にも健康に生きる!を追求するブログ

趣味の読書を通じて、この世をいかに生きやすくすることを追求するブログ

藤川徳美著「分子栄養学による治療、症例集」紹介!

「分子栄養学による治療、症例集」

川徳美 著

 

 

 近年、病院に通っても治らない病気や精神病、心の病がとても多いように思います。病院に通ってなくても、慢性的な体調不良や、治らない鼻炎、アトピーなど。この本は、そのような現代人にとって不可欠な内容だと思いました。自分のためにも内容をまとめます。

 

1. 現代人は質的な栄養失調

 

 飽食の時代と言われますが、著者は「質的な栄養失調」を指摘しています。「質的な栄養失調」とは、

「糖質過多+タンパク不足+脂肪酸不足+ビタミン不足+ミネラル不足」

「嫌気性解糖主導」

「ATP不足」

 これが全ての慢性疾患の原因となっていると言える、とのこと。厚生労働省が推進している食生活を行っている日本人は、全員質的な栄養失調です。ガン、糖尿病、膠原病、精神病病気に至らない身体的不調もこれが原因としています。しかし、現在の医療では先進国では栄養失調がないことを前提としており、質的な栄養失調に全く介入せずに対症療法を行うのみなので、病気が治らないとのこと。

 

 筆者は、以下の理論に基づき、「高タンパク/低糖質食+メガビタミン+適切な脂肪酸+適切なミネラル」で治療を行うとしています。

 

 1) 分子栄養学(三石理論)を提唱された物理学者の三石巌先生による”日本人の食生活ではタンパク不足があり、これが慢性疾患の原因となっている。DNAには健康な生命体を維持するためのタンパク質の作り方が書かれている。つまり、タンパク不足では健康な生命体を維持できない”

 

 2)オーソモレキュラー理論を提唱した科学者のライナス・ポーリング博士、精神科医のエイブラム・ホッファー博士による"汎不足病(PandeficiencyDisease)、つまり、タンパク不足、必須脂肪酸不足、ビタミン不足、ミネラル不足と全ての栄養素が不足する状態"

 

2. グルコース脂肪酸、ATPで考える

 

 こちらの本では基本的知識は解説されていないため、まずはおさらい。

 

 グルコース分子式C6H12O6を持つ単純な糖。ブドウ糖。食事後上昇する血糖値は、血中にグルコースが増加していることを指します。

 

 脂肪酸:  炭素(C)、水素(H)、酸素(O)の3種類の原子で構成され、炭素原子が鎖状につながった一方の端にカルボキシル基(-COOH)がついています。脂肪酸には、炭素の数や炭素と炭素のつながり方などの違いにより、様々な種類があります。血液検査の中性脂肪とは、脂肪酸グリセリンエステルを指します。グリセリンエステルは、加水分解するとグリセリン1分子と脂肪酸1~3分子を生じる脂質のことです。

 

 ATP(アデノシン三リン酸):細胞の活動に使用されるエネルギー。脂質である中性脂肪や、糖質であるグルコースなどを分解することによって、ATPがつくられます。このATPを作る過程は、「解糖系」「クエン酸回路」「電子伝達系」の3つがあります。著書で問題となる部分は、この「解糖系」。

 

 本題に戻ります!

 

「嫌気性解糖だと、グルコース→ピルビン酸→乳酸、ATP2個。しかし、コリ回路の乳酸→グルコース、ATPマイナス6個

好気性解糖だと、グルコース→ピルビン酸→アセチルCoA→ミトコンドリア(クエン酸回路+電子伝達系)。ATP=2+36=38個

脂肪酸とATPC16パルミチン酸(長鎖脂肪酸飽和脂肪酸)を例にして考える。中性脂肪(トリグリセリド)=グリセロール1個+パルミチン酸3個。

 

グリセロールは糖新生によってグルコースになる。グルコースからは、嫌気性解糖系で2個、ミトコンドリアで36個の合計38個のATPが作り出される。

糖新生には6個のATPを投入しなければならないので、グリセロールからは正味32個のATPが作り出される。

一方、パルミチン酸1個からは、ミトコンドリアで129個のATPが作り出される。

中性脂肪はパルミチン酸が3個くっついているので、3倍の387個のATP産生量となる。従って、1つの中性脂肪から作り出されるATPの合計は419。

 

脂肪酸は効率の良い燃料です。グルコースミトコンドリアで完全燃焼(好気性解糖)させる必要があります。そのための条件として、

 

A)電子伝達系に必須の鉄不足があってはならない。

B)クエン酸回路の補酵素の、B群、Mg不足があってはならない。

 

1)燃料としての糖質、脂肪酸がないと生きていけないタンパク質のみでは生きていくための十分なATPを産生できない。(タンパク質からの糖新生だけのATPでは生きてゆけない)糖質を減らすなら脂肪酸を十分量摂取することが必要。

2)嫌気性解糖だけではATP不足で生きてゆけないB1不足の脚気ではピルビン酸をアセチルCoAに変換できない。好気性解糖に入れないため、米を食べれば食べるほどマイナスATPとなる。ATP作成のため体内の脂肪酸と筋肉を燃焼させるが、それが尽きれば痩せ細って死亡する。ガンも同じ、ガンは嫌気性解糖のみを行うためマイナスATPとなる。体内の脂肪酸と筋肉を燃焼させるが、それが尽きれば痩せ細って死亡する。やはり、脂肪酸を十分量摂取することが必要」

 

川徳美著「分子栄養学による治療、症例集」よりそのまま引用。

 

つまり、精製糖質過剰摂取はその代謝のためにビタミン、ミネラルが浪費され、ビタミン不足、ミネラル不足を生じます。かつ、日本人女性は深刻な鉄不足のため、これら不足のビタミン、ミネラル、鉄を補充するという治療法です。

 

3. 鉄不足とタンパク質不足

 

 著者は、フェリチン100以下は鉄不足だとしています。フェリチン50以下になると、電子伝達系でのATP合成機能が低下するとのこと。つまり、ミトコンドリア機能障害を生じ、嫌気性解糖主導となるとしています。鉄が多い食材は、赤身の肉、赤身の魚、レバー、卵。ただし、食事だけで十分量の鉄を補うことは困難なので、フェリチン50以下の人は全員、鉄剤、もしくはフェロケルを飲むべき、とのこと。

 

また、タンパク質も重要な要素。著者は、鉄不足=タンパク不足、と同義としています。タンパク質の指標はBUNとアルブミン、鉄の指標はフェリチン。高タンパク/低糖質食+鉄剤による治療が必要だそうです。

 

4. 具体的な治療方法

 

 糖質中心の食事から、高タンパク+高脂質+低糖質食に変えると沢山のATPが得られるようになります。しかし上記が上手くいくためには、その代謝の際の補酵素、補因子が十分あることが必要になります。つまり、高タンパク/低糖質食+B50、C1000,E400のメガビタミン+ミネラル(Fe、Zn、Mg)。

 

 著者はATP激増(ブースト)サプリメント4点セットとして、Nowアイアン36mg、B50コンプレックス、C1000、E400(d-αトコフェロール)をおススメしています。

 

・NOW Foods iron 36mg

・NOW Foods B-50

・NOW Foods C-1000

・NOW Foods ナチュラル E-400

 

加えて、

 

・NOW Foods Niacin 500mg

 

基本量:B50、2錠、朝夕。C1000、3錠、朝昼夕。E400、1~2錠、朝。(鉄は夜)

メガ量:B50、3~6錠、朝昼夕。C1000、9~12錠、朝昼夕(腸耐性用量の2/3程度)。E400、3~5錠、朝。男性は当然ながらFeはなしの3点セット。

 

「鉄が不足すると、電子伝達系の機能が低下し、クエン酸回路機能も低下します。フェリチン10程度の場合では、回復に2~3ヶ月かかります。フェリチン30~50程度の場合では、1ヶ月程度で回復を実感出来ます。

 B不足(特にB1不足)では、ピルビン酸がアセチルCoAに代謝されず、クエン酸回路機能も低下します。Cは、脂肪酸ミトコンドリアに取り込む際に必要なカルニチンを合成する補酵素です。

 上記に加え、Eが一押しです。E不足があれば、呼吸で得た酸素の43%が不飽和脂肪酸の自動酸化のために浪費されてしまいます。酸素は本来、ミトコンドリア内膜にある電子伝達系で用いられるものです。つまり、酸素不足があれば「好気性解糖」ができなくなります。

不飽和脂肪酸の自動酸化が起これば、

1)血液粘度が増加して血流障害を引き起こす

2)細胞膜やミトコンドリア膜などの生体膜の自動酸化により、酸素、ビタミン、ミネラルの吸収障害を引き起こす

つまり、Eがあれば、酸素、ビタミン、ミネラルのミトコンドリア内への取り込みが改善します。つまり、EはB、Cの効果を強める働きがあります。実際、B+Cよりも、それにEを追加する方が効果が実感出来ます。B+Cの効果が2倍になるイメージです」

 

川徳美著「分子栄養学による治療、症例集」よりそのまま引用。

 

5. そのほか注意点

 

1)糖質(白米、小麦粉、砂糖)を減らす=糖質制限。お菓子は禁止。果糖を液体でとることも禁止。

2)十分量の蛋白質アミノ酸)の摂取。毎日体重の1/1000、つまり60kgの人なら60g/日。卵3個で20g、豚肉100gで13g、チーズ100gで20g、豆腐100gで3gの蛋白質。女性では、蛋白質不足では鉄不足になりやすいため鉄剤も服用する。毎日、卵2~3個+肉と魚200g+チーズ

3)ビタミンB3(ニコチン酸ナイアシン)3g+ビタミンC3g水溶性ビタミンであるため1日3回に分けて服用。水溶性ビタミンは過剰投与による毒性はない。iHerbで購入できるナイアシン500mg錠。フラッシュの出ないナイアシンアミドよりフラッシュのあるナイアシンの方が効果が強い。B3の副作用はホットフラッシュ(顔面紅潮)、少量から体に慣らしてゆく。1日1錠から開始、慣れてフラッシュが出なくなったら2錠、3錠と徐々に増量。

4)B50コンプレックスB1=B2=B3=B6=50mg入っている。iHerbで購入可能。1日2錠、副作用は全くない。5)ミネラル亜鉛マグネシウム、セレン、マンガン。ミネラルは過剰投与にて毒性があるため、注意が必要。

 

早速実践していきます!

腸内フローラ改善でうつ病も治る「やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実」レビュー③

 目からうろこの超おすすめ書籍!

「やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実」レビューその2。前回は、腸内フローラの改善によって痩せるだけではなく、美肌・若返り・がんになりにくくなる・アレルギー体質の改善・・・などすごすぎる効果を紹介しました。

 なんと腸内フローラの改善によってうつ病さえ治る!

 

 

 

 

13. 脳と腸内細菌は深い関係にある

 

 腸内細菌がない無菌マウスは、普通のマウスに比べて落ち着きがなく、警戒心が強いそう。また、無菌マウスは普通のマウスに比べてストレスホルモンが過剰に分泌されることがわかりました。腸内細菌を与えるとストレスが減りました。ただし、このような変化が起こるのは成長過程にある子供のマウスだけ。大人のマウスでは変化がみられなかったとのこと。つまり、成長過程において腸内細菌は非常に大事な役割があることがわかったのです。

 

「脳は腸内細菌なしでは正常に発達できない」

 

・・・すごい発見ですよね。細菌学の父と言われるパスツールも「私たち動物は、腸内細菌なしでは生きていけないはずだ」という名言を残しているそうです。

 

14.  腸内フローラが性格を決めている

 

 カナダ・マクマスター大学准教授のプレミシル・ベルチックさんの研究で、臆病な性格のマウスと活発な性格のマウスの腸内フローラを入れ替えると、性格も入れ替わることが明らかになりました。つまり、腸内フローラの違いで性格すら変わってしまうのです。

 

15. 腸は脳すら支配する

 

 腸内細菌は「神経伝達物質」を作ることによって、神経細胞を刺激する能力があることがわかりました。腸内細菌が作った神経伝達物質を腸の神経が受け取り、迷走神経を介して脳にも届けられるとのこと。腸内細菌を利用してうつ病を治療する研究も進められているそうです。

 マウスの実験では、実際にうつ病を改善する効果が認められています。なんと自閉症すら腸内細菌によって改善するそうです。自閉症状態にあるマウスはリーキーガットが起こっており、血液中に腸内細菌が作り出す毒素「4EPS」が浮遊しています。整腸剤を飲むことによって「4EPS」が減り、自閉症の症状が改善したそうです。

 

 これまでのまとめは「やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実」の前半のみ。後半では、腸内フローラは先祖から受け継いだ人類のパートナーであるという証拠というべき研究成果が掲載されています。

 たとえばコアラ。コアラは、抗生物質を使うと病気そのものは治るが、その後衰弱して死んでしまうそうです。調べてみると、腸内細菌にユーカリの葉の成分であるタンニンを分解する菌がいて、コアラ自身もユーカリを消化できなくなってしまうそうです。つまり、コアラと腸内細菌が「共生」しているということ。また、シロアリやエビの一種にも腸内細菌が消化を助けることで共生しているものがいるとのことです。

 

16. 腸内細菌は我々の遺伝子の一部である

 

 私たち動物は、ある特別な能力を持つ一部の腸内細菌を取り込むことによって、その腸内細菌の能力を獲得する力を得たと語っています。それぞれの民族にはそれぞれの食生活に最適化された腸内細菌がいて、短期間で食生活を変えてしまうと、腸内細菌が追いつくことができず、さまざまな不調を招くとのこと。

 今流行りの体、心の不調は、欧米化された食生活や、簡単に抗生物質を使う生活に慣れすぎたあまりに起きていることだともいえそうです。

 

17. 健康な人の大便を病気の人の腸に流しこむと病気が治る!?

 

 「偽膜性大腸炎」は 腸内でクロストリジウム・ディフィシルという菌だけが異常繁殖することによって起きる病気で、抗生物質の使いすぎが原因の一つではないかと言われています。なんと、健康な人の大便を病気の人の腸に流しこむという「便微生物移植」によって重症患者でも90%以上改善するとのことです。それだけではなく、メタボも腸の難病である「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」も、この「便微生物移植」によって治る可能性があるとのこと。腸内細菌がいかに健康にとって大切かがわかります。

 

 輝かしい可能性を秘めた「腸内フローラ」。とても参考になる本ですので、ぜひ読んでみてください。

腸内フローラ改善で美肌を手に入れる「やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実」レビュー②

 目からうろこの超おすすめ書籍!

「やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実」レビューその2。前回は、腸内細菌が作る「天然のやせ薬・短鎖脂肪酸」で痩せ体質になることを紹介しました。

 腸内細菌を改善すると、なんと痩せるだけではなく若返り、美肌効果もあるとのこと!今回はこちらを紹介していきます。

 

 

 

 

5. 腸内細菌が作る天然の若返り薬「エクオール

 

 藤田保健衛生大学教授の松永佳世子さんの実験で「エクオール」はシワを浅くする効果があることが実証されています。腸内細菌の中には「エクオール」を作り出すことのできる菌がいて、日本人の2人に1人は持っているそうです。「エクオール」があるかどうかは尿検査でチェックでき、検査キットが市販されています。

 

 
 エクオールが作れるかどうかは、検査しないとわからないんですね。

 

6. エクオールを作る腸内細菌のエサは大豆!エクオールはスーパーイソフラボン

 

 エクオールは女性ホルモンと似た構造をもち、女性の体を若々しく健康に保つ働きをしています。エクオール大豆イソフラボンの仲間ですが、大豆に含まれるイソフラボンを腸内細菌が変化させることで生まれます。そして、エクオール大豆イソフラボンよりも高い効果を持つことがわかりました。エクオールはいわば、スーパーイソフラボンと呼ぶべき物質なのです。

 

7. エクオールは「がん」の予防効果もある!

 

 エクオールは、若返りとしての効果だけではなく、がんの予防効果も期待されているそうです。前立腺がんの発症率は日本はアメリカの1/10ですが、ハワイの日系人はもっと高く、エクオールを作る腸内細菌が減っているからではないかと推測しています。また、エクオールには乳がんを予防する効果も期待できるそうです。

 

8. エクオールを作る細菌「NATTS」

 

 エクオールを生産する腸内細菌は「NATTS」と名付けられました。このNATTS菌、ぜひとも腸に住み着かせたいところですが、細菌が腸内に定着するようにするにはなかなか難しいようです。若い世代(10~30代)はエクオールを作る腸内細菌が減っていることも明らかになっています。

 しかも、NATTS菌のようにがんを予防する細菌がいる一方で、がんを引き起こす細菌がいることも明らかになっています。肥満になるとがんのリスクが上がるといわれていますが、その原因はほとんどわかっていませんでした。

 

9. 肥満マウスにはがんを引き起こす腸内細菌が多い!

 しかし、腸内細菌に着目することで、その謎が明らかになりました。肥満したマウスを調べたところ、肥満する前にはほとんどいなかった細菌が増加していたそうです。この細菌は「アリアケ菌」と名付けられました。アリアケ菌は胆汁を分解し、DCAという物質を作ります。このDCAは細胞を老化させます。DCAで老化した細胞が増えすぎて、がんになるというわけです。

 

10. 動脈硬化にも腸内細菌が関係している

 

 動脈硬化の原因は、LDLコレステロール中性脂肪などではなく、腸内細菌が食べ物に含まれるレシチンを分解することで発生するTMAOという物質が原因であることが明らかになりました。

 

11. 花粉症やアトピー等のアレルギーも腸内細菌が関係している!

 

 なんと、花粉症やアトピー性皮膚炎、鼻炎といったアレルギー、自己免疫疾患も腸内細菌が関係しているのが明らかになったそうです。免疫細胞を止める「制御性T細胞(Tレグ)」という免疫細胞がありますが、未熟T細胞が成長するときに酪酸が関与することでTレグとなります。酪酸は短鎖脂肪酸の一種です。

 

12. リーキーガットも腸内細菌が関係している!

 

 近年腸のバリア機能が低下して腸の毒素が体中に漏れ出る「リーキーガット」が話題になっています。リーキーガットは体中に慢性炎症を引き起こします。このリーキーガットを防ぐ効果が酢酸(短鎖脂肪酸)にあるとのこと。

 

 すごすぎる腸内細菌パワー!

腸内フローラの改善で痩せ体質になる「やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実」レビュー①

 目からうろこの超おすすめ書籍!

「やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実」を紹介します。

 

 

 

 

 腸内フローラとば、腸内細菌のこと。私たちは、腸内にたくさんの細菌を有しています。この本では、腸内フローラが体、心に大きな影響を与えるとしています。腸内フローラを整えることで健康な体も心も手に入れられるなんて!すごい発見ですよね。

 

1. 痩せるのも太るのも腸内フローラ次第!?

 

 本書では「腸内フローラの乱れが肥満体質になる」としています。「肥満の人の腸内フローラを持ったマウス」 と「やせている人の腸内フローラを持ったマウス」に分けた実験では、同じエサと運動量でも、肥満マウスは脂肪がどんどん体重が増えてしまい、やせマウスは変わらなかったとのこと。肥満マウスには、バクテロイデスというグループに属する数種類の菌の数が極端に少なかったとのことです。これらの菌を外部から与えると、肥満が解消することも明らかになりました。

 

2. "天然のやせ薬"「短鎖脂肪酸

 

 短鎖脂肪酸とは、バクテロイデスなどの腸内細菌が作る物質のこと。この短鎖脂肪酸が、肥満細胞の肥大化にブレーキをかける役割を果たしていることがわかりました。それだけではなく、全身の代謝を活発にし、余った栄養分を消費する役割も果たします。

 

3. バクテロイデスなどの「短鎖脂肪酸」を作る細菌を増やすには

 

 「食物繊維」を食べる!!これにつきます。バクテロイデスなどの「短鎖脂肪酸」を作る細菌は、食物繊維をエサにしているそう。つまり、痩せたい人はとにかく食物繊維を食べるようにすれば、痩せる腸内フローラを手に入れられるというわけです。

 

4. 腸内フローラを改善すると糖尿病も治る!

 

 アメリカでは、政府も積極的に支援している「腸内フローラに効く糖尿病の新薬」があり、これは水溶性食物繊維で構成されています。ネバネバした性質を持ち、腸内細菌が住みやすい腸内細菌環境を作ることができるそうです。腸内細菌を元気にする物質が入った薬や食品を「プレバイオティクス」と呼びます。

 

 腸内細菌が食物繊維をエサにして作る「短鎖脂肪酸」が腸の細胞を刺激して「インクレチン」を分泌させます。このインクレチンは糖尿病の治療薬にも使われる消化管ホルモン。インクレチンは膵臓に働きかけてインスリンを分泌させます。インスリンは血糖値を下げる作用があり、糖尿病改善に役立ちます。

 

 この本を読むと、腸内細菌を整えれば身体だけではなく心にもよい影響があるとのこと。後日追記します。

肌のニキビ跡、デコボコの改善にはセルフダーマペンがおすすめ

 コロナ禍になる少し前(2019年10月頃)から、セルフダーマペンをやり続けています。2週間に1回のペースで現在まで(2022年4月)。肌のアイスピック状毛穴が明らかに薄くなりました。

 

 元々思春期のニキビが酷く、治ってもニキビ跡のデコボコが目立つ・・・という最悪な肌の状態。CO2フラクショナルレーザー(エコツー)は3回程お試ししたことがありますが、お値段が高い(1回につき15,000~20,000円)、ダウンタイムが長く(1週間は顔が腫れあがります)、美容皮膚科なので予約が面倒。その割にはあまり効果を感じられませんでした。そこで自分でできるダーマペンを検討することに。

 

 

 


 私はダーマペンはebayで購入しました。替えチップもebayで50本まとめ買い。全部で1万円ほどだったと思います。中国人のセラーから購入。届くのに1か月程度かかりました。海外から購入する場合、コンセントの形状に注意が必要です。替えチップ(替え針)は運が悪いと関税を突破できず、没収される可能性もあり。海外から購入した方が安上がりですが、万一を考えると日本国内で購入した方がいいかな。

 

 

 替えチップは12針タイプを使用。肌のメンテナンスに使用したい場合は36針、毛穴やニキビ跡など、しっかり刺したい場合は12針等、使い分けができます。


 ダーマペンをやる前、肌に薬剤を塗ります。皮膚科の先生に、とにかく何にでもお勧め!と言われたアズノール軟膏を使用。ダーマペンの前に塗り、その上から針を刺します。アズノール軟膏を塗ると、明らかにダウンタイムが短い気がします。顔の赤みは2日間残りますが、3日目にはほとんどなくなります。

 

 麻酔クリームは不使用。痛いけど、麻酔クリームを使わなくても耐えられる痛みです。ただし個人差あるのでお好みで。


 以下にポイントをまとめます。

 

1.針は使い捨てにする


 アルコール消毒すれば繰り返し使えるという意見もありますが、消毒不足だと細菌感染の心配があります。細い針で肌を何度も突き刺すことを考えると、折れたり曲がったりする可能性もあります。使い捨てにしてしまった方が衛生上安心です。

 

2.やりすぎない・欲張らない


 ブログやYouTubeを見ると、やりすぎて流血している人がいます。ダーマペンの細い針でも、やりすぎて傷口になると治りにくく、傷跡やしみになったりする可能性があります。出血してもポツポツ程度で止めておいた方が無難。

 

3.回数を重ねる


 1回では全く効果を感じません。個人的には5回目からなんとなく毛穴が薄くなっていき、10回目以上から目に見えて効果があると実感できるようになりました。深い毛穴も継続して処置していけば浅くなっていきます。アイスピック状毛穴も改善されましたが、20回くらいやる必要があると感じました。

 

 ダーマペンをしたその日と翌日は、肌がひりひりするためメイクはしません。日焼け止めが使えないので、太陽に当たるのもだめ。個人的な感覚ですが体調が悪くなります(風邪気味になる)。なので、少なくとも2日休みで、予定がない日を選んでダーマペンをするのが私流。